忍者ブログ
車とDIYと日常の記録ブログ
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日の夜、地区の火祭りがありました。
 正月の1日に掘ったヒデを松明にして山の中腹で燃やしました。

6697f18a.jpg これがメインの火になり、その上に横1列に
 約20本の松明を飾ってます。
 大体横50m位の幅に並べました。
 雪があると素晴らしくきれいですが、
 今年は、雪が降りませんでした。残念!



2731a222.jpg こんな感じです。
 右にメインの火、左斜面に松明を並べてあります。

 松明1本1本に細かく割ったヒデを入れて
 火を絶やさないようにしています。
 この祭は昔からやっていて、自分の小さい頃は
 子供達(男のみ)が燃やす木を
集めてやっていました。

067918e5.jpg ある年から子供が少なくなり、やらない時期があり
 地元のソフトボールメンバーが「松明が無いのは
 寂しい」と言う事で復活し今に至ってます。
 
 何でも、昔この地区が大火事になり地区の殆んどが
 焼けてしまいました。その大火事が起こらないように
 松明をあげる様になりました。その大火事の時、
               1軒だけ無事に残った家があり、その家から火を
               貰ってきて松明に日をつけています。

この時、松明をあげている人達と、下で見ている人達で掛け声をかけて
やり取りしています。それが、

てぇまつやーい!! です。

7fe96caf.jpg この日は、地元ローカルテレビの取材があり
 1日のヒデ堀から松明上げまでを放送します。
 いつ放送するんだろ・・・?
 
 ここの所、乾燥していたため消防団のポンプで
 あらかじめ水を撒いてから火をつけました。


いままで、消防署が来る事は無かったのですが、心配になり状況を見に
来てくれました。
いつでも消せるようにホースを延ばしたままにしておいたのを確認して
安心して戻っていきました。
また、来年もヒデ堀からやり盛り上げたいと思います。

実は、松明を燃やしながら山で呑む酒が目的だったりして・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/02 やんちゃ31R]
[06/01 kgc110]
[05/17 改47(^_-)-☆]
[04/11 改47(^_-)-☆]
[03/20 改47(^_-)-☆]
最新TB
プロフィール
HN:
マッピー
性別:
男性
趣味:
車チューン&スポーツ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]